けやき坂46から日向坂46へ!

日向坂46 日向坂46

みなさん、こんにちは。

ひなたんです!

日向坂といえば、「けやき坂46」から「日向坂(ひなたざか)46」へ改名したことで盛り上がりましたよね。

そこで、このグループ名について自己満足なコメントしたいと思います笑

今日はなぜ欅坂とけやき坂を分けたのかについてコメントしたいなと思います!

個人的には、最初はけやき坂46が欅坂46のアンダーのイメージだったんですが、ここ最近の曲、オーディションの結果から完全に別グループにするんだろうなと感じました。

けやき坂46初期の曲に「誰よりも高く飛べ」があるんですが、欅坂46と同様に大人への反抗や勝手に決められたルールに縛られるなみたいなテーマなのですが、「NO WAR in the future」以降、けやき坂46らしさが出てきたなと感じています。

「NO WAR in the future」「ハッピーオーラ」「ジョイフルラブ」は「みんなで仲良くしよう!」感があり、欅坂46と曲風が異なります。

そして、けやき坂46は選抜制をとった事がなく、しかもセンターが欅坂46と違ってコロコロ変わります。そして決定打がけやき坂46の3期生が1名だけしか入らないという発表です。

わざわざコストのかかるオーディションをやったのにも関わらず、1人しか取らないのは明らかに異例です。おそらくこれは人数を増やさないという意思表示なのではないかと個人的には思います。

つまり、選抜制は取らず、センターも固定化させないのではないかと。センター・選抜など考えずにみんなで仲良くやっていくイメージのグループになるのではないかと思っています。

ファンの人気など考えず運営側が主導権を握るもしくは、ファンの人気を運営側が操作できるようにするのではないかなと?

欅坂とけやき坂の違いを簡単にまとめると、

①けやき坂は選抜制を取らない(センターは固定化させていない)
②曲調が、欅坂は「反抗、少数派」、けやき坂は「仲良し、多数派」

だと思っています。このグループの方向性の違いからグループを変えたのかなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました